i-smile(アイスマイル)のコスパは?英語塾とか他と比べてコスパは良いの?

i-smile(アイスマイル)のコスパは?英語塾とか他と比べてコスパは良いの? 未分類

英会話学習と言えば最近【i-smile(アイスマイル)】が注目されています。
しかもコスパが良いとのことで、始めて英会話を学習する人に人気なのだとか!
英会話は練習したからと言ってすぐに習得できるものではありません。
さらに教材であったり英語塾は出費が大きすぎる…。
だからこそコスパの良さは重要です。
いかに短期間で、いかに少ない教材費で英会話を習得できるのかが出費を抑えるカギになります。

i-smile(アイスマイル)は英会話習得にコスパが良い?

i-smile(アイスマイル)は英会話教材の中でも、コスパが良いと言われています。
英会話の習得にコスパが良い、つまり英会話の習得までにかかる出費が他の英会話教材よりも少ないということです。

出費を抑えられれば他のことにお金を使えますし、浮いたお金で海外旅行するのも面白いですね。

英会話を習得する方法としてオーソドックスなのは、英会話塾に行くことです。
他にはスピードラーニングやユーキャンの英会話学習教材を使う方法もあります。

そうした英会話教材の中でも、i-smile(アイスマイル)はコスパが良い噂になっています。

i-smile(アイスマイル)は他と比べたらコスパは良いの?

どの方法を選んでも出費が大きいので、いざ英会話を習得しようと決断しても迷ってしまいますよね。
結局のところ、i-smile(アイスマイル)は他と比べたらコスパは良いのでしょうか?

調べるまでもなくコスパが悪いのは英会話塾です。
英会話塾は英会話を習得するのを目的に通いますが、自分が満足できるまで通えます。
言い換えれば終わりが無いということ。
英会話塾としても通い続けてもらった方が、継続的な収益になります。
ですので英会話塾の中には、気持ち良く英会話をしてもらうことがメインになっていることがあります。
これでは英語を言えるだけであって英会話としては身につきません。
特に「何年も通っている」と言う人がいるようなところは要注意ですね。
授業にかかる出費も1レッスンあたり1万円前後、月4回を1年続けただけで48万円かかります。
これで英会話が実用性に乏しいレベルなら、他の英会話教材を選んだ方がマシですよね。

では他の英会話教材はどうなのでしょうか?
スピードラーニングは総額で20万円ほどかかるそうです。
全48巻になるので全部届くころには大体20万円ほどになるそうです。
聞くだけで覚えるという方法は人を選ぶので、コスパが良いかは疑問です。
聞き流すだけと言っても、毎日何十分も聞き流すのって結構しんどいので…。
人によっては同じだけの時間をかけるなら、他の学習方法を選んだ方が英会話を習得しやすい場合もあります。
私も昔CDを聞くだけの英語教材で学習したことがあるのですが、途中で飽きてきて未開封のままホコリを被っているCDがあります。

i-smile(アイスマイル)が他と比べてコスパが良い理由

i-smile(アイスマイル)が他と比べてコスパが良い理由
i-smile(アイスマイル)と他の英会話教材を比べると、コスパが良いと言われる理由が浮かび上がってきました。
一体どのような理由でコスパが良いと言われているのでしょう?
他の英語教材を利用したことがある私が思うに、下記3つの理由が大きいのではないかと思います。

i-smile(アイスマイル)は明確に学習期間が決まっている

i-smile(アイスマイル)は明確に学習期間が決まっています。
終わりを自由に決められる英会話塾と違って、2ヶ月で英会話を習得するように作られています。
ですので1日あたりいくらなのかをハッキリ出せるわけですね。
またi-smile(アイスマイル)は1日15分、日本語のドラマを見るだけという短い時間での学習になります。

この学習時間は他の英会話教材と比べると半分以下!
時間で比較すると、圧倒的にコスパに優れているのがわかります。
肝心なのは習得できるかどうかですが、こちらも問題ないでしょう。
聞くだけよりも、映像を見る方が続けやすいですし、記憶に残りやすいです。

人間の集中力が続くのは15分ほどと言われていますので、飽きたり途中で面倒になる可能性も他に比べて低いです。
聞き流すCDは1枚に入っている長さがバラバラですので、再生する前に少し覚悟が必要です。

何分あるかわからない、しかも長時間聞き続けるのはモチベーションを維持するのが難しいですよね。
1日15分だけと決まっているなら、時間が決まっていない教材よりもモチベーションを維持しやすいです。
ちなみに15分だけで本当に学習効果があるのか不安な人もいるでしょう。

1日15分を2ヶ月続けると合計で900分、つまり15時間学習していることになります。
短いようでも確実に英会話学習を積み重ねられるのがコスパの良さに繋がっているのでしょうね。

i-smile(アイスマイル)は追加で出費がかからない

i-smile(アイスマイル)は追加で出費が増えないこともコスパが良いと言われる理由の1つでしょう。
英会話塾だと、新しい教材に変わって買い直すということがあります。

より英語を習得しやすくなるとはいえ、最初に想定していたもの以外の出費はコスパの点から考えると悪いと言えますね。
ですので追加で出費がかからないのはコスパに優れていると言えます。

英会話がなかなか習得できなくて通い続けているとき、新しい教材にするから買い替えてくれって言われたらどうですか?
レッスン代に加えて新教材代金ですよ?
続ける期間が長くなるほど無駄な出費が増えるのがわかりますよね。
かと言って短期間でやめるのは難しいでしょう。

短期間で英会話を習得できるほどの能力があるなら、最初から英会話塾に行っていませんから。
学校の授業なり海外ドラマなりでもある程度話せる能力を身に着けられるはずです。
欲しいのはネイティブな発音・日常会話のレパートリーあたりになるので、英会話塾以外の方法を選んだ方が良いとも言えます。
でも英会話塾が絶対に悪いわけではありません。

英語を話す機会が無い人やどんな方法で練習すれば良いかわからない人もたくさんいると思います。
長期的に通うのはコスパが悪いですが、短期的に通うのであれば、英会話初心者には良いでしょう。

i-smile(アイスマイル)は実用性が高い

i-smile(アイスマイル)は実用性が高い点もコスパに直結しています。
英語を言えるのと、英語で会話ができるのは全く意味が違います。
i-smile(アイスマイル)は英語で会話ができるようになるのを目標として作られているので、実用的な英語が身に付きます。
ドラマ教材を使っているのでどんなシーンで使う英語なのかもわかりますし、日本語での意味もわかっています。

ですので日常でどのように使う英語なのかが自然に身についていくんです。
英語を聞いて覚えるにしても、日常で使わないような英語を覚えても仕方ありません。
学校の授業で必ず出てくる「これはペンです」みたいな英語を覚えても、使いみちが無いですよね。

応用して他の会話に使えるでしょうが、だったら最初からそっちを教えろと思います。
基本的に日本の英語学習方法は、日常で使うものがほぼ無いと思って良いでしょう。
i-smile(アイスマイル)は実用性が高いと言うだけでも、他と比べて一歩前に出ています。

英語を言えるようになるのではなく、英会話ができるようになりたい人にとっては、とてもコスパの良い英会話教材と言えますね。

未分類
i-smile(アイスマイル)の評判はホントなの?怪しいと思うので購入して調査しました!

コメント